無料ブログはココログ

« 縁は偶然が重なって | トップページ | 車の中は演奏会 »

2009年5月19日 (火)

「キャンディード序曲」がオープニング曲

notesTV朝日「題名のない音楽会」のテーマ曲に使っている

キャンディード序曲」は、私の再スタートのオープニングテーマ曲でもある。 

  

 昨年3月終わり頃か4月始めだったと思うが 佐渡裕さんの「題名のない音楽会」が 

スタートした時、この曲がテーマ曲として使われるようになった。

夫と死別し、私にとっては言葉では表せないほど辛いちょうどその時期だった。

TVから聞き覚えのある曲が流れて来た。

題名のない音楽会の新しいテーマ曲だった。

notes・・・キャンディード序曲notes

 この曲は私にとって、とても思い入れの強い曲。

夫の葬儀の時、夫の大学時代の吹奏楽部の友人が

”これを一緒に入れてあげてください!” と 言って、一枚のCDを差し出してくれた。

”大学時代の吹奏楽演奏会とコンクールの時の物です。”

 しかし、CDは棺の中に一緒に入れてはいけないと係りの人に止められてしまったので、

私が頂いた。夫が亡くなってすぐにはとても、聞く事は出来なかったけど、

数か月して、このCDを無性に聞きたくなった。

 <夫がこの中に居る・・・・・!

   若かりし頃の夫がこの中で確かに演奏している。> 

そう思うと、たまらなく聞きたくなったのだ。

いい曲が入っていた。元気が貰えたような気がした。

   ・・・このCDをわざわざ持って葬儀に来てくれた

        亡き夫の友人の心遣いに改めて感謝した。・・・

その演奏に夢と希望に満ち溢れた、若いエネルギーを感じた。

その中の一曲が「キャンディード序曲」だった。私はこの曲が気に入り、

心の安らぎをも感じた。

  

 その曲があの時、TVから流れた。私は思わずTVの前に座り聞き入った。

<何という偶然だろう。ここでテーマ曲に使われるなんて!>

と 一人で感動してしまった。うれしくなった。

頑張ろう! 周りのみんなが応援してくれている。>

 (自分勝手な思いだけれど、TVの人は関係ないのに、

    その時はTVの中の人たちまでもが自分を励ましてくれているように思えたのだ。)

それからしばらくの間は、このCDを何度も繰り返し、繰り返し聞きながら、

仕事をしたり、車を走らせたりしていた。

  

再スタートラインに立った私の中にnotesキャンディード序曲notes が流れていた。

« 縁は偶然が重なって | トップページ | 車の中は演奏会 »

夫の思い出」カテゴリの記事

コメント

初めて投稿します。ブログにお邪魔して、曲が気になって気になって、ちょっと聴いてみました。エル・キャピタンは運動会等で馴染みがあります。キャンディード序曲はどこかで聴いたかも(たぶんテレビかな)楽器は少しかじっていたので、士官候補生とか旧友は指が忘れてないです。(最近人の名前は忘れっぽいのに)またモーツァルトとか聴きたくなりました。

みつばあおいさん!
Lowからスタートへ ようこそ!
コメントまで頂けてうれしいです。
みつばあおいさんも吹奏楽をやっていたんですか?
「士官候補生、旧友」私も演奏しましたよ。
一生懸命に練習した曲は、ほんと指が覚えていますよね。
最近私は、あまり楽器を触っていないので、
口が閉まらなくて少し吹くと、マウスピース脇から
息が漏れてしまいます。
やっぱり練習していないとダメなようです。
最近またクラリネットを始めようかと思って、
楽器を磨いています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/45052767

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャンディード序曲」がオープニング曲:

« 縁は偶然が重なって | トップページ | 車の中は演奏会 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31