無料ブログはココログ

« 紫外線といえば | トップページ | 心の隙間を埋めるもの »

2009年5月31日 (日)

”出来ないかも・・・”

亡き夫との思い出の詰まった車の話。いろいろ考えて、

<やはり一台を手放そう!明日にでも手続きに行こう!

           いつかはやらなければいけない事なのだから。>

いつ手放してもきっと、その時は辛いのだから。

それならば何らかのメリットが少しでもある今(フルモデルチェンジ前)がいいと

自分に言い聞かせる。・・・辛い決断だ。

   

 車の洗車と内部の掃除を念入りにして、いろいろ入っていた荷物をすべて取り出して

車を持って行くばかりにした。

・・・この車が無くなる。まだ、十分に乗れるのに!

        急に、予想外の涙がこぼれたweep。切なかった。

本当にいいのかな?・・・また不安が一層増してきた。

             まだ、手元に置いておきたいという気持ちがよみがえる。

昨日の夜は、手放す事に決めたのに・・・

  

夫の突然の死は、自分の力ではどうする事も出来なかったが

亡き夫との思い出のたくさん詰まった車の先行きは 自分の考え一つで好きなように

出来るのではないか。

亡き夫も私もとても満足して購入した車。まだまだ、十分走る車。もったいないよ!

問題は、車には乗っても、乗らなくても税金や保険などの経費が掛かることだけ。

それだったら、頑張って働けばいいんじゃないか。

振り出しに戻ったこんな考えがまた、私の中にやってきた。

  

・・・後で後悔の無いようにしたい。

亡き夫の代わりにまだそばに置きたいという心情的な面と

車には経費がかかるという現実面との間で、心は、大きく揺れ動く。

 ・ ・ ・

なんだか、今はこの車が無くなってしまったらと考える事すら耐えられなくなってしまった。

お金の問題と心の問題。

どちらか一方だったら、すぐに結論を出せるのにと思うと

        何も考えたくない!とわがままな自分になってしまった。

        <あー!出来れば考えたくないよ、こんなこと。>

結論はまだ、先送りしようかな・・・

7月に出る、次のハイブリッド車の発表を待ってもいいかな?

         ・・・でも、持っている車の価値は時間と共にdownwardright  迷うよ~!

« 紫外線といえば | トップページ | 心の隙間を埋めるもの »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

改めて考えると、自分を支えている物ってなんだろうって、思う。家族?家?思い出?どれもあやういような、頼りない気がします。今のところ大きな故障のないロートルのわが身?それもヤバイかな?

自分を支えている物って、何事もなく無事に暮らしていたら、
気づかない物かもしれませんね。
みつばあおいさんの毎日がそれだけ、
充実しているということではないでしょうか。
家を支えている屋台骨は、完成した家では壁や天井に覆われて
目にすることは無いけれど、
もしどこかが破損したり、修理が必要になったら、
構造体を見る事が出来る。
たとえが、適当ではないかもしれないけど、
そんなことではないのかな?
 私の支えが見えるのは、後からフォローしたということで、
耐震補強したビルの窓の所にあるのみたいだからかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/45150577

この記事へのトラックバック一覧です: ”出来ないかも・・・”:

« 紫外線といえば | トップページ | 心の隙間を埋めるもの »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31