« 新たなスタートへの涙、頑張れ!彼女 | トップページ | なぜ、そんなに考える? »

2009年4月 2日 (木)

永遠とは?

ブログ散歩をしていて、「永遠」という言葉にぶつかり、

気になって頭から離れない。ちょっと考えてみる。

永遠の命・永遠の愛・永遠の希望・永遠の・・・

       永遠の嘘をついてくれ(中島みゆきの歌)という歌もあったよね。

   

 ・・・永遠とは何?

形あるものは必ず壊れる。形あるものに永遠は存在しない。

そのことを十分知っているのに、どうして永遠という言葉が生まれたのだろう?

愛する人が死を迎えると、永遠の魂が存在するとか、

永遠に忘れないとか、永遠に愛するとか口にする事がある。

はかないものに対する嘆き、悲しみから自分の心を救う為に

人は「永遠」という言葉を作ったのだろうか?

・ ・ ・何故?

あるべきものがなくなた時、大切な人・ものをなくしそうになった時、

また、その存在が不透明になった時、「永遠」という言葉が登場してくる。

こうして、目に見えないものに「永遠」は付く

  元々、「永遠」というのは心の中にしか存在しなくて、

            ただ、安らぎの世界かもしれないなー。

永遠があると信じることで、自分を守れる。

愛する人の死を受け入れる事が出来たり、愛を信じる事が出来たりする。

どうしたら形のないもの、形が無くなってしまったものを自分が納得出来るのか、

その手段として 「永遠」が生まれたのだろうか?

でも、永遠を信ずることで、

愛する人の死を本当に納得出来るのだろうか?

愛する人の存在を 失わないでいられるのだろうか?

愛する人の死も悔い無しとして受け入れられるのか?

哲学的で、むづかしいよね。

 私は、いくら信じても、悔いは消えないような気がする。そして 正直言えば、

信じて納得するよりも 今はまだ、<逢いたい!>という気持ちの方が強い。

心の中だけでなく、現実が欲しいと願ってしまうのは

心の傷がまだ癒えていないのかな?

      それとも、「永遠」を理解出来ていないからなのか?

  

・ ・ ・訳が分からなくなってきたぞ!

悪い頭で考えていたら、頭痛くなってきた。

あまり、続けていると、私の苦手な宗教がらみの人から

”一緒に考えましょう!”なんて言われそうだから この辺でやめておきます。

でも、ひとつだけこんな私でもわかる「永遠」があるよ。

                     ・ ・ ・ 永遠の別れ

                                                     

« 新たなスタートへの涙、頑張れ!彼女 | トップページ | なぜ、そんなに考える? »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/44503862

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠とは?:

« 新たなスタートへの涙、頑張れ!彼女 | トップページ | なぜ、そんなに考える? »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ