無料ブログはココログ

« 本当に重かった敷石 | トップページ | ウォーキングコースの、桜の開花は? »

2009年3月25日 (水)

人間ちっちゃいなー! 私は

趣味の集まりの後、6人のメンバーとランチした。

みんなは私が昨年夫を亡くしたことを知っている。

すべてではないけれど、会話の内容は夫の自慢話・子供のことばかり、私には

口をはさむ事の出来ない話題だ。

自分の自慢ならともかく、

 <夫の自慢話をしたってしょうがないでしょう!

       子供がどうしたって? あなた達には自分は無いの?>

心の中で彼女たちの話を否定しながら、黙って聞く。

途中、もう席を立ちたくなった。

「人間ちっちゃいなー!私は。」 夫と暮らしていたころは 

自分の心にも余裕があって、こんな話だって笑って聞き流していたのに。

 夫を亡くした私を知っている人たちが私の前で、夫の自慢話をする裏には

    <自分はこの人(夫を亡くした私)よりも幸せよ!>

    <あなたよりも上をいっているわ!>

という言葉があるように思えてきていた。

  

 どうして今の私は、こう歪んだ受け取り方しか出来なくなってしまったんだろう。

夫の死後、個人的に付き合っていた人は別として、

取引のセールスマンなど今まで良くしてくれていた人が

夫が亡くなったことで、スーッと去るように 遠ざかって行ったのを私は経験している。

夫無しでも勝負出来る自分でないとダメなのだ。

   ・・・いくら夫の自慢をしても無駄なのに。

   ・・・だれだれの奥さんではダメなのに。

       世間に、自分の世界を作らないと意味ないのよ!

  

そうなんだけど、やっぱり私って、人間ちっちゃいよ!こんなことでムカつくなんて。

自分だって夫との幸せな時があったじゃないの!

    ”心のゆとりを忘れているよ!”

  これでは自分磨きどころではないよね。 深呼吸して、ゆとりを取り戻そうーっと!

                                               

« 本当に重かった敷石 | トップページ | ウォーキングコースの、桜の開花は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/44464412

この記事へのトラックバック一覧です: 人間ちっちゃいなー! 私は:

« 本当に重かった敷石 | トップページ | ウォーキングコースの、桜の開花は? »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30