無料ブログはココログ

« 人恋しいのかなー? | トップページ | 春を告げる、”つくし”と”ふきのとう” »

2009年3月16日 (月)

自由を手にした、私の自由の意味は?

夫は広い心の持ち主でやさしい人だったから、20年間の結婚生活の中でも喧嘩らしい

喧嘩はしたことがなく幸せな結婚生活でした。

でも私のいたらぬ点で夫に申し訳なかったと反省すべきところは数多くある。

ウェブページにも書いたけど ”あの時こうしていれば” と

過去を振り返っての<たら、れば>は無い。時間は戻らない。

   ・・・今となってはもうどうしようもない。

         

ある夫を亡くした人が、夫の最期のプレゼントは

”自由を与えてくれたこと” だったと言っていたが確かにそうかなと思う点がある。

しかし、一方で私は、

 「過去を振り返り、自分を反省し、そのことを

 これからの人生の中で、どう良い方向に生かしていくのか

              という課題を与えられた上での自由」 のような気がする。

 

夫が逝ってしまってから、今のところ一人になって自由に

生きられることが楽しく思えたことは私には無い。

仕事以外の時は、時計を気にしないで

いつどこで何をしようと自由な生活を送っているけど、私は自由を感じた時、

<夫に悪いことをしたなー!> と 思った時のことが思い出される。

ある人が言った、夫の最期のプレゼントの 自由”が、私にとっては

 ”時間をあげるから、一人になって自分を見つめなさい!”

 そんな懺悔の時間を与えてくれたような、

   今までの自分の悪いところを直す時間とチャンス

与えられたような気がしてならない。

    夫からの課題をやり終えた時、初めて自由を楽しめるのかな!

                                                        

« 人恋しいのかなー? | トップページ | 春を告げる、”つくし”と”ふきのとう” »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/44356345

この記事へのトラックバック一覧です: 自由を手にした、私の自由の意味は?:

« 人恋しいのかなー? | トップページ | 春を告げる、”つくし”と”ふきのとう” »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30