無料ブログはココログ

« 合唱の楽しみ方いろいろ | トップページ | <Ich liebe dich 君を愛す>私の好きな歌 »

2009年3月30日 (月)

ボイストレーニング

コーラスの時、気持ち良く声を出せるようにという事と

大きな声を出して、ストレスを発散する為に

          ボイストレーニング(ボイトレ)を数年前に始めた。

  

ボイトレはある意味スポーツに近い。

声を出すのには、体全体を使うので、体全体のストレッチからレッスンは始まる。

喉で歌うのではなく、複式呼吸で体から声を出す感じ。

あらゆる腹筋を上手に使い、声を出す。

口の周りの力を抜いて、喉をリラックスさせて、肩の力を抜いて、

体をまっすぐに顎を引いて姿勢を整える。

     ・・・良い姿勢が良い声を出す。

胸を張り、胸部を広げ腹筋を使い声を出すことで、遠くまで響く声になる。

体が楽器となる。

  

このリラックスさせるというのが慣れない人にはむづかしい。

どうしても変な力が入ってしまうのだ。

 体全体の力を抜くことは簡単でも、上半身だけリラックスし、

         足腰はしっかり踏ん張るというのはなかなか慣れない。

 (腹筋と背筋といったお腹周りの筋肉を使うので、

  1時間半のボイトレのレッスンの後は結構、脱力感。)

歌う体形と腹式呼吸の準備が出来たところで

喉の開け方、上あごの使い方といった発声に欠かせない練習に入る。

これもどうすれば先生の言っているようになるのか、初めはなかなか理解できない。

理解できないというかリラックス出来ていないので、思うように

口の中、喉の奥、上顎が動かないのだ。

 最近になってやっと、<こんな感じとか、こうすれば良いのか> と 

自分でも出来るようになって来た。

体全体が楽器となって、息が体の中をまっすぐ通り抜け、思うような声で歌えた時は

かなり充実感が得られて楽しい。

歌の世界は、勉強してみるとなかなか奥が深くて面白いよ。

  

 複式呼吸で内臓の調子が良くなるのか レッスン後は食事がおいしく頂ける。

   といっても今は(夫の死から)ボイトレお休み中なんだけどネ。

                                    

« 合唱の楽しみ方いろいろ | トップページ | <Ich liebe dich 君を愛す>私の好きな歌 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/44492286

この記事へのトラックバック一覧です: ボイストレーニング:

« 合唱の楽しみ方いろいろ | トップページ | <Ich liebe dich 君を愛す>私の好きな歌 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30