無料ブログはココログ

« 趣味は続けてもいいのかな? | トップページ | 我が家自慢のチューリップ »

2009年3月12日 (木)

ブログの世界から思うこと

毎日のようにいろいろな人のブログをチェックして感じることは

たくさんの人がそれぞれにいろんな重荷を背負って生きているんだなということ。

  

突然の夫の死が自分にとっては、大変な出来事であった。

その後、なんとか自分の生活を取り戻そうとする自分が 特別辛い日々を送っている

ような気がしていた。しかし、自分だけというのは間違っていたことに気づく。

多くの人が同じような苦しみを抱えて生きている。

いや、もっと重い重荷もいっしょに背負っている人もいる。

他人と自分の人生を比較することは出来ないけど、自分が背負ったこの現実は、

なにも特別な現実ではなく、

   人が生きていく中で普通にあることなんだと思えるようになった。

            ・・・淡々としたものがそこにあるように感じた。

  

どこかで誕生する命があれば、どこかで死を迎える命もあるということだということ。

誕生はうれしいが、死は辛く、さみしく残された人たちの人生までも変える時がある。

でもそれを受け入れていくことが、生きるっていうことなのかななどと

第三者目線で、自分を見ることが出来るようになった。

 しかし、そうであってもても

自分の人生の中では、大切な夫の死はやはり、特別なことである。

 ”なぜ死がこんなに突然に、まだ若いのに、昨日まで元気にしていたのに

       自分の夫の所にやってきたのだ。” と 嘆きが消えるわけではない。

ほんの少しだけ、死というものが何なのかということが

分かるような気がしてきただけの話。

  

夫がこの世に生きて、私ともに過ごしたということ、

       そのことは、私の頭の中から決して離れることはない。

他人にとってはただ一人の人がこの世からいなくなった事に過ぎない話であったとしても、

あの心優しい夫は確かに、私の隣で生きていたんだ。この家で一緒に暮らした。

人生をともに生き、幸せを分かち合ってきた。

そして今、良きパートナーであり、私の最高の理解者であった夫を

突然の病により失ってしまった。

   それらの事実は私にとって特別なことであり、決して記憶から消えることはない。

       

ブログからいろいろな人たちの本音を少しづつ、見つけて

自分の考えも改めて整理出来て、ブログの世界って面白いなと思う。

                                                

« 趣味は続けてもいいのかな? | トップページ | 我が家自慢のチューリップ »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

大きなおめめさん、おはようございます。  かぞえです。
梅雨の中休み、と予報で言ってたので  溜まってた洗濯物を外に干したのにwobbly
とほほ、な感じのcloud空です。  どんよりしてる日は、downってなりがち・・・でも今日は平気かも、です。catface
今、この辺を読ませていただいてまして。
確かに~~(ρ_;)ウンウン  と大きくうなずいてます。他人から見たら、とか、自分にとっては、とか。何でもないこと、普通の毎日、特別な事・・・。人の命や生きていること、その意味、死ぬっていうこと。とりとめのないようで、すごく重要な、そんなまさに「色々な事」を、なにかにつけ、考えてしまうことがありますね。・・・増えました、って言った方がいいかも。
夫が生きてる間には、生きててくれたら、きっと考えることもなかったような事、だったりしますが。despair
ちょっとした気づきといえばflair事実は事実。どんなことでも、立場や見方、考え方によって違って見えるだけで・・・要は「気の持ち方」なんだ・・・ということなのかなと
最近思うようになって。

凄い進歩ジャン!私!(*^-^)・・・とちょっぴり「自己満足」
ホントはそれこそ「手垢がつくほど」語り継がれた普通の考え方で、やっと辿り着いただけ、なんですけどねcoldsweats01
なんでも自分で体験して得たもの、それが、とっても大切な事なのでしょうかね。そんなことを思ってます
また長くなりましたsweat01鬱陶しかったら放っておいてくださって構いませんpig
言えば、気が済む。これも最近辿り着いたことのひとつですconfident
ありがとうございました。

かぞえさん こんばんは!
自分で気がつくことが、一番自分自身を納得させられますね。
夫の死後、いろんな事を人から言われたけど、
<それはそうでしょうけど・・・> と
納得できないものがたくさんありましたが、
悲しみや苦しみの中で自分自身がいろいろ考えて、
<そうだ!> と 思える時がきて初めて、自分のものになるようです。

結局、自分の気持ちがそこまでいかないとダメなんですね。
死を受け入れるというのは、本当に難しいですね。

回り道かもしれませんけど、思い切り悲しんで、思い切り凹んで、
思い切り落ち込んで、思い切り苦しむことが、必要なことなんですね。

それでも明日はやってきます。
”明日は良い日になりますように!”
いや、
”明日は良い日に出来ますように!”
積極的に生きることが、今の私の信念です。good

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/44303860

この記事へのトラックバック一覧です: ブログの世界から思うこと:

« 趣味は続けてもいいのかな? | トップページ | 我が家自慢のチューリップ »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31