« その一言に注意! | トップページ | ギァチェンジの感触が好き! »

2009年3月 7日 (土)

2台の車をどうする?

我が家には亡き夫の車と私のと2台の車がまだある。

まだあると言うのは、夫の死後も車を処分出来ないでいるからだ。

一人で2台を持つというのは税金や保険の費用を考えれば誠に無駄だとは、

分かっているが 車を処分出来ないで一年が経つ。

  

2台とも2人で見に行き、亡き夫が とても気に入って手に入れた。

   ・・・どちらの車も思いが強すぎる。

車がいつもの場所にあるだけで亡き夫を身近に感じてきた。

その車がなくなってしまった時のことを考えると

        とてもさみしくて、”車が無くなるなんて、いやだなー!” と 思ってしまう。

処分してもいいと思う時がきっと来る。その時でも遅くないからとここまで来た。

  

 しかし、2月・3月と保険の書き換え、点検の時期が来て

また車の処分を考えさせられる時が来た。保険はとりあえず、更新の手続きをした。

12か月点検でカーショップへ行く。

2台ともここで買った。その前に乗っていた車もと、もう20年近くの長い付き合いの

販売店で、営業マンもその時からの人なので、私たちの事情は

いろいろ知っていてくれている。

その営業マンから、今後車をどうするか話を持ちかけてきた。

少し、”グッ!”ときたものの、いつかはと考えていることなので、

向こうから話を切り出してくれた時の方が話しやすいかと思った。

こちらの気持ちを配慮しながらの話に、私の方からも今の気持ちを伝える。

 *どちらも手放せない気がしている。

 *もし1台にするならば、未練を残さないように両方を売って、

               新しいものにするのも選択の一つと考えている。

それぞれの車にいろいろな思いが詰まっているから、どちらが残っても、

いろいろ辛いだろう。それならば、新しい車にして新しいスタートをすれば

”もう、これでやるしかないんだ!” と 踏ん切りが付くだろうと思って

そういう風に伝えた。

  営業マンが話をしてきたその日は、亡き夫の月命日。

   これも<そろそろけじめを!> と 夫がメッセージを送っているのか?

  

 営業マンは私の考えを聞いて、

”これからもまた新車の発表会の案内を出しますから、

  その時 <これなら!> と 思うものに出会ったら、考えてみてください。

         でもまだ、迷うようでしたら、やめておいた方がいいでしょう!”

と アドバイスしてくれた。

”おっしゃる通りですね。いろいろ話が聞けてよかったです。”

と 気持ち良く、家に帰って来た。

・・・ ところが家に入ると、

 <こうしていろいろ整理していくことが

      本当に夫が死んでしまったということなんだなー!> と 思えて

久しぶりに声をあげて泣いてしまった。予期しないことだった。

 しかし今、この展開にひとつ階段を上ったような、

     これからの生活に新たな希望を感じるような、気がしている。

                                               

« その一言に注意! | トップページ | ギァチェンジの感触が好き! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/44260909

この記事へのトラックバック一覧です: 2台の車をどうする?:

« その一言に注意! | トップページ | ギァチェンジの感触が好き! »

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ