無料ブログはココログ

« 悲しみ受け取り方~(当事者=自分)と自分以外の人 | トップページ | ”春を探しに行こうか” »

2009年2月15日 (日)

結婚生活の最後のカギは私が預かりました

亡き夫へ

二十年間の結婚生活、

やさしいあなたに出会えて、私はとても幸せでしたが

あなたは、幸せでしたか?

あなたを看取り送るという、妻として最後の

絶対にやらなければいけない役目を果しましたよ。

その後にやってきた、大きな悲しみ・切なさ・悔しさ・

やりきれなさ・その他諸々、すべて私が引き受けました。

今、思うのは、

心優しくて、涙もろいあなたにこの体験をさせることにならなくてよかった

       ・・・私でよかったと。

この大きな悲しみは、私があなたに犯した数々の罪の償いとして、受け止めます。

あなたから頂いた幸せのお礼として受け止めます。

ありがとう!

だから、これ以上は嘆きません。ありがたく頂戴します。

後のかたずけはおまかせください。

      最後のカギは私が預かりました。

            今の私はあなたの大好きな笑顔ですよ!

                                       

« 悲しみ受け取り方~(当事者=自分)と自分以外の人 | トップページ | ”春を探しに行こうか” »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/44059381

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚生活の最後のカギは私が預かりました:

« 悲しみ受け取り方~(当事者=自分)と自分以外の人 | トップページ | ”春を探しに行こうか” »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30