無料ブログはココログ

« 私のとなりに | トップページ | 悲しみの中で見つけたもの »

2009年2月 8日 (日)

喪主と書かれた名札をつけて

結婚して20年目、こんなにも早く喪主としてこの場に立つとは考えてもみなかった。

嘘みたいだった。

”千と千尋”に出てくる、”夢だ、夢だ”というせりふを 心の中でつぶやいていた。

  

夫の突然の死に驚いた多くの人が弔問に駆けつけてくださり、

また弔電や献花も寄せてくださった。

会社の人たち、以前勤めていた会社の同僚、大学時代の友人、大学時代の

クラブの仲間、近所の人たち、私の友人他。

・・・うれしかった、何物にも代えがたい優しさを感じた。

遠くて来てもらえないと思っていた人たちまで足を運んでくれた。本当に感謝している。

      人の温かさを心から感じた。

   

来場者一人ひとりにお別れの花を供えていただき、

夫はきれいに供えられた花に囲まれて とてもやさしい笑顔で眠っていた。

永遠のお別れです。

  20年間、しさとたくさんのしあわせをくださり、ありがとうございました。

  

葬儀を終えて、帰った家は主がいないひっそりと冷え切った空間でした。

でも、持っている花瓶全部出して、皆様からいただいたお花を家の中あちこちに飾り、

お花に囲まれると次第に気持が癒され、少しずつ落ち着いてきました。

  

時間は戻らない 前に進むしかないのです。

みんなが支えてくれています。

夫がよく言っていた”なるように、なるよ!”という言葉どうり、

ゆっくりでもいい、前に向かって進んで行けば なるようになると自分に言い聞かせる。

迷ったり、間違えそうになった時は 進むべき道を示してくれると思います。

くじけそうになった時は きっと、後押ししてくれることでしょう。

   ゆっくりでもいい、マイペースでいい、

       前に向かって進もう!

             でも、悲しい時はおもいっきり、泣いちゃうよ。

                                             

« 私のとなりに | トップページ | 悲しみの中で見つけたもの »

死別後の心の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533735/43998090

この記事へのトラックバック一覧です: 喪主と書かれた名札をつけて:

« 私のとなりに | トップページ | 悲しみの中で見つけたもの »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30